【吉野山の桜2023】雨の日に行くメリット・デメリットは?

「日本さくらの名所100選」にも選ばれている、圧巻の桜景色の吉野山。

その桜を観ようと全国からたくさんの観光客が訪れます。吉野山の桜を見に、前々から計画を立てている人もいるのではないでしょうか。

雨の日に吉野山の桜を観に行くのは「憂鬱」「残念」と思っていましたが、良いこともあることがわかりました!雨の日ならではの桜景色も…♪

この記事でわかること
  • 雨の日に吉野山に桜を観に行くメリットとデメリット
  • 実際に雨の日に行った人の口コミ
  • 雨の日のおすすめスポット

吉野山は急な斜面もありますので、雨の日に行く場合はトレッキングシューズや歩きやすいレインブーツ等、滑りづらい靴で行ってくださいね!

【吉野山桜2023】雨の日に行くメリット3選!

まず、雨の日に吉野山に桜を見に行くメリットを紹介します。

霧がかかって幻想的な桜風景が見れる

尾根伝いに伸びる吉野山。雨が降ると谷間から霧が立ち上り山の尾根を越えていきます。

霧の向こうから山桜が浮かび上がってはまた霧に隠れる。

そんな幻想的な桜風景が雨の日に見れます。

日中でも混雑してない

天気が雨だと、特に奈良県内在住の方や隣接する大阪、京都府在住の方などは行かない人が多いでしょう。

そのため、晴れの日に比べると空いています。

吉野山の桜時期の日中は著しく混雑するため、混雑度が低い日に行けるのはメリットです。

雲海が見れることもある

雨が降っていても山の天気は変わりやすいです。たまたま雨がやむというラッキーなタイミングに居合わせる時もあります。そんな時は、雲海が見れるチャンス!

【吉野山桜2023】雨の日に行くデメリット3選!

続いて、雨の日に吉野山に桜を見に行くデメリットを紹介します。

桜が霧で霞んでいて見づらい

先ほどメリットで紹介した霧ですが、雨の度合いや感じ方によって「桜が霧で霞んでいてよく見られなかった」と思う人も一定数います。

こちらの口コミは良い意見ですが、霧がすごいですね!!

歩きづらい

吉野山は急な斜面もあり、雨の日だと傘もあり歩きづらいです。

また、雨の日なので靴が汚れることもあります。

濡れる

雨の日ならではのデメリットですね。

「夢中になって撮影していたら濡れてしまった」という人もいます。

【吉野山の桜2023】実際に雨の日に桜を見に行った人の口コミや画像は?

実際に雨の日、吉野山に桜を見に行った人の口コミを調べてみると、好意的な意見の人が多かったです!

さすが桜の名所・吉野山。雨の日でも「行って良かった」と思えるような感動する桜風景が見れます。

【吉野山の桜2023】雨の日のおすすめスポット♪

静亭

雨の日はベンチに座れないですしゆっくり出来ません。

屋内の桜景色が見れる席でお花見ランチやスイーツはどうでしょう?♪

雨の日だからこその幻想的な桜景色をみながら、落ち着いた時間を過ごせることでしょう。

静亭

住所:奈良県吉野郡吉野町吉野山952

電話番号:0746-32-3157

営業時間:9:00~18:00

定休日:不定休

HP:静亭

芳雲館

雨の日のお花見散歩の後は、日帰り温泉でゆっくり身体を温めるのはどうでしょう?

吉野山の老舗旅館「芳雲館」では、桜景色が見渡せると露天風呂も人気!

残念ながら現在故障中につき露天風呂が利用できないとのことですが、室内の湯からも見れますよ。

芳雲館

住所:奈良県吉野郡吉野町大字吉野山2340

電話番号:0746-32-3001

料金:大人1300円、3歳~未就学児1000円 ※食事利用による割引あり

入浴時間: 11:00~14:00

その他:要予約。小タオル付き。

HP:芳雲館

まとめ

雨の日の吉野山は、メリットもあることがわかりました。

雨の日にしか見れない幻想的な桜風景や吉野山の桜の時期なのに混雑度が低いことは、捨てがたいメリットです!

ただ、急な斜面もあるので、お年寄りや妊婦さんなどは雨の日は避けるか細心の注意を払ってくださいね。

雨の日は、トレッキングシューズ、又は歩きやすいレインブーツは必須です!

おすすめの記事